EVENTS

AIが社会基盤となるからこそ必要であろう叡智、 今残すべき叡智とは?〜AIと法編〜

OVERVIEWこんなイベント

人は、社会で生活する過程で法を作り、その中で生きています。

これからロボットやAIが人の行動を代替するような事象が起こっていくと、ロボットやAIに対して法は適用されるのでしょうか? 法が適用されるとしたら、人と同じものになるのでしょうか? ロボットやAIが裁判に出られるのでしょうか……?

このようなことを考えていくと、人とロボットやAIの違いは一体なんなのだろうか、という問いに突き当たります。これは、「AIが社会基盤になる」と仮定すると、一度は考えておくべき問いなのかも知れません。

今回は、まだまだこれから整備されていくであろう、ロボット方やAI法の最先端を走る専門家と一緒に、この問いに対しての理解を深めていきます。

 

GUEST

【ゲスト】
マカイラ株式会社コンサルタント上席研究員、総務省情報通信政策研究所特別研究員、中京大学経済学部付属経済研究所研究員
工藤郁子

共訳に、ウゴ・パガロ著・新保史生監訳・松尾剛行訳・工藤郁子訳・赤坂亮太訳『ロボット法』勁草書房(2018)。共著『ロボット・AIと法』有斐閣が近刊予
定。

REPORTまとめ

Next Wisdom Foundation

地球を思い、自然を尊び、歴史に学ぼう。

知的で、文化的で、持続的で、
誰もが尊敬され、
誰もが相手を慈しむ世界を生もう。

全ての人にチャンスを生み、
共に喜び、共に発展しよう。

私たちは、そんな未来を創るために、
様々な分野の叡智を編纂し
これからの人々のために
残していこうと思う。

より良い未来を創造するために、
世界中の叡智を編纂する
NEXT WISDOM FOUNDATION