WISDOM PICKUP

叡智というものは、物事を立体視することで奥行きを発見し、その立体感の中に立ち上がってくるものである。 
それらは一面的ではない。領域横断的視点を持ち、クロスリファレンスを行いながら紐解くことが大切である。好奇心をもって世界に向かい、自らの経験、時間、情報、さまざまなリソースと視点から世界を見続けることで、叡智という星座が浮かび上がってくる。 

当財団代表理事 井上高志のオススメ記事は?

当財団代表理事、株式会社LIFULL代表取締役社長 井上高志

PROFILE
株式会社リクルートコスモス(現コスモスイニシア)勤務時代に「不動産業界の仕組みを変えたい」との強い想いを抱き、97年株式会社ネクストを設立。不動産・住宅情報サイト『HOME’S(ホームズ)』(現『LIFULL HOME’S』)を立ち上げ、掲載物件数No.1(※)のサイトに育て上げる。現在は、国内・海外併せて14社の子会社を展開、世界57ヶ国にサービス展開している(2017年6月時点)。会社設立20周年となる2017年4月に社名を「株式会社LIFULL(ライフル)」に変更。個人の活動として、ベナン共和国の産業支援プロジェクトを展開するほか、一般財団法人Endeavor Japan ファウンディングボードメンバー、一般社団法人21世紀学び研究所 理事等を務める。※産経メディックス調査(2017.1.27)

「人類の幸福と世界平和 = 心 × 社会システム × テクノロジー」
身障者、精神疾患、LGBT、難病、ADHD、発達障碍はマイノリティだと区別すべきではないし、シングルマザー、未婚、オタク、趣味、信仰、思想、癖、人種、国家の対立など、切り取る角度を変えて、視点を変えてみれば、実はすべての人はマイノリティだと言えるかもしれません。お互いにそれを隠し、無理をして着飾って生きるよりも、さらけ出してお互いを認め合う社会は、安心安全な「寛容社会」となっていきます。一人ひとり誰もが尊い存在なのです。基本的人権の意味をより深めて理解し、その人権が守られる社会にしていきたい。そのためには、この方程式が実現されるよう、自らができることを常に自問し、推し進めていきたいと思っています。

Next Wisdom Foundation

地球を思い、自然を尊び、歴史に学ぼう。

知的で、文化的で、持続的で、
誰もが尊敬され、
誰もが相手を慈しむ世界を生もう。

全ての人にチャンスを生み、
共に喜び、共に発展しよう。

私たちは、そんな未来を創るために、
様々な分野の叡智を編纂し
これからの人々のために
残していこうと思う。

より良い未来を創造するために、
世界中の叡智を編纂する
NEXT WISDOM FOUNDATION